レモンを冷凍保存する方法|保存期間やすりおろしの使い方を紹介

MENU

レモンを冷凍して保存するよい方法はある?

レモンは、冷凍したり、ジャムなどに加工にしたりと、色々な保存方法があります。

 

レモンを丸のままで保存するときは、ラップやポリ袋などに入れると、乾燥を伏せぐことができます。野菜室を利用すると鮮度を保ちやすくなります。

 

半分に切ったものや、輪切りにしたものは、ラップに包んだり、タッパーに入れて、冷蔵庫や野菜室に保存できます。ですが、あまり長く日持ちしないので、冷凍庫で保存する方法もあります。

 

輪切りにしたものを、1枚づつ広げて凍らせてから、まとめるとくっ付きにくくなります。凍らせたものを使用するときは、自然解凍して利用します。

 

レモンの果汁を絞ったものを製氷皿で凍らせたり、丸ごとすり下ろして、フリーザーバッグで冷凍保存することもできます。

 

料理で、少しだけ必要になったときに便利ですし、ドリンクやゼリーなどにして楽しむことができます。

 

使用する前に凍らせておく方法もあります。皮が柔らかくなるので、料理に使うときは、絞りやすくなりますし、マーマレードや砂糖漬けや、はちみつ漬けなどを作るときは、作りやすくなります。

 

輸入物のレモンは、防腐剤や農薬が付いていることがあるので、料理では皮は利用しないようにしたり、タワシで皮をよく洗ってから使うようにしましょう。

 

 

 

すりおろし冷凍レモンの使い方は?

レモンは、国産の無農薬のものは輸入物と比べても早く傷みが起こります。そのため長期の保存には冷凍する方法があります。

 

輸入物などは農薬を使用していることもあるので、冷凍前によく洗い保存します。

 

輪切りにしてタッパーやフリーザーパックに入れて保存する場合は普段の使用方法で扱うのですが、まるごと冷凍したものはすりおろして使う方法があります。冷凍されたものを皮ごとすりおろし器ですりおりします。

 

皮ごと使用して大丈夫か、味に影響しないかと思われがちですが、実はこの方がレモンの風味を活かして使うことができるのです。なぜなら皮の部分に香りが含まれているからです。

 

レモン特有の香りを料理に生かして利用するのにまるごとのすりおろしが適しています。あらゆる料理に使用することができます。

 

焼き魚や焼き肉、焼き鳥などにふりかけると酸味をプラスするだけでなく、レモンの香りと風味が料理を引き立たせます。もちろんフライなどの揚げ物にも使用できます。

 

温かいうちにふりかけると料理に溶け込み、香りと風味を演出します。この他にも、めんのつゆやなべ物、味噌汁などにも使えます。

 

またおかずだけでなくお菓子を作る時に加えたり、トーストにバター、はちみつなどと共に振りかけてもおいしくなります。

 

あらゆる料理で使える万能な調味料になります。

 

 

 

レモンの丸ごと冷凍保存の使い方とは?

レモンは意外に低温保存が効き易い果物であり、冷凍しての使用も可能です。その際、丸ごと冷凍する事によって生のレモンとは違った使い方をする事が出来ます。

 

凍らせると中の水分の氷結に伴って組織が壊れたりするので、輪切りといった使い方には向かなくなります。ですが凍った状態の固さを利用して、おろし金で丸ごと擦りおろす事が出来るようになります。

 

擦りおろして使う場合、皮の部分についてはレモンゼストと呼ばれるものとなります。香りの強さが凝縮し、且つ酸味は出ないというのが特徴です。

 

その風味は、お菓子の香り付け・アクセントとしてピッタリなものとなります。更に擦りおろして果肉の部分になると、今度は酸味・果汁分の強いものが出来上がります。

 

風味は単に絞ったものよりも強い傾向にあり、肉料理・魚料理のアクセントにピッタリなものとなります。このように幅広い料理への活用が出来る上に、冷凍されたままになっている事で徐々に使いつつ長期保存する事が可能となります。

 

最終的には丸ごと完全に使い切る事が出来るので、特にゴミになりがちな皮・種の部分までフル活用出来るというのは魅力的な点です。

 

栄養面でも丸ごと摂取出来る事で、効率的な活用が期待出来ます。

 

 

 

長期間保存しよう!

レモンを使いきれなかった時は、冷凍保存がおすすめです。

 

冷蔵庫に長い期間入れておくと、乾燥して水分が抜けて風味が落ちてしまいますし、腐ったりカビが生えることもあります。しかし、冷凍庫に保存すると水分までしっかり凍るので解凍してもみずみずしさが残り、ジューシーな食感を味わえます。

 

また、通常のレモンの賞味期限は2週間、切った場合は5日ほどの短い期間ですが、冷凍保存なら1ヶ月ほど持つので様々な料理に使うことができます。

 

冷凍する際は、皮をよく洗って水分を拭き取ってから必要な大きさに切ります。フリーザーバックに入れたら凍らせていくのですが、数時間おきに揉みほぐしてレモン同士がくっつかないようにすると、風味の良い状態を長期間保つことができます。

 

すりおろしたり果汁を絞った場合は、ラップや製氷皿などで小分けすると必要量に応じて解凍ができます。皮の部分は凍ったまますりおろして、サラダやデザートの風味付けに使うと、料理の出来映えが格段に良くなりますよ。

 

解凍するときは、自然解凍にします。細胞がゆっくり元に戻ろうとするので、凍らせる前の状態に近づくことができます。

 

また、過剰な水分の蒸発もないので、解凍しても果実が潤っていて美味しく食べられます。

 

 

 

役に立つかもしれないウェブサイト

レモンの冷凍保存に関することを書いていきました。

 

レモンといえば、肌の黒ずみに効果が期待できるとも言われていますね。

 

黒ずみは見つけたら気になってしまうものです。まずは黒ずみの知識を蓄えてみることが重要ですね。